インプラント

インプラント

インプラントについて

より美しく、美味しくご飯を食べ続けるために

インプラント治療の目的は、失ってしまった歯を新たに作り、食べる機能と見た目を回復させること、そして他のご自分の歯を守ることです。 インプラントが必要になる時は、残念ながら歯を失うことになってしまった場合です。歯を失った部位に出来る処置はいくつかありますが、唯一周りの歯に影響を与えない治療法です。 皆様はきっとインプラントは金額が高い、怖いというイメージがあるのではないでしょうか。 確かに、値段だけ見たら高額ですし、外科処置が伴うので怖く感じるかもしれません。

もしあなたが60歳で75歳まで生きるとすると、命がつきるまでにあと3回 × 365日 × 15年 = 16425回 食事をする事になります。 つまり1本あたり35万円のインプラントを入れ15年間使った場合、1回あたりの食事について約20円余分に払ったと考えてみてください。 1回あたり約20円の出費をあきらめ、毎回の不快な思いをして食事をするのか、1回あたり約20円余分に払っておいしく食べ健康で長生きしたいのか選ぶのはあなた自身です。 きちんとメインテナンスを行えば第2の永久歯として半永久的に機能しますから一概に高い とは言い切れないでしょう。 これからの人生、どれだけ美味しく食べられ、どれだけ美しく、どれだけの残りの歯を守れるかを考えると、それにどれだけの『価値』があるのかは見えてきます。 もちろん、保険のブリッジや入れ歯がダメだと言うつもりはさらさらありませんし、むしろケースによれば最善の治療にもなり得ます。 当院では、インプラントは失った歯を回復するオプションとしての1つとして位置付けており、私たちは患者様に合った最善の治療計画を提案いたしますのでご安心ください。 そして私たちの最新のシステム、知識、技術によって丁寧に作られたインプラントは、丁寧にメインテナンスしていくことでご自身の歯と同じように、より美しく、美味しくご飯を食べ続けていただくことができるでしょう。

当院は「Guide Dent」認定医院

Guide Dent(ガイドデント)認定医院

当院は国内唯一の第三者保証機関「Guide Dent(ガイドデント)」が、認定した医院です。


厳格な90以上の審査項目をクリアしており、グローバルインプラント選定基準をクリアした認定医院は全国でも数える程しか存在しません。

歯を失ったときの選択肢

もしあなたが歯を失った場合、どうしますか?

1. 入れ歯(義歯)
入れ歯(義歯)
2. ブリッジ
ブリッジ
3. インプラント
インプラント

上記の3種類の他には「何もしない」というのもあります。

欠損の程度にもよりますが、一般的には以上の選択肢があるでしょう。 そこで、インプラント治療をよりよく理解していただくために、入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)、ブリッジの仕組みとその長所・短所を、インプラントと比較・対照しながら解説します。

入れ歯(義歯)とインプラント

部分入れ歯(義歯)

金属のバネで人工の歯を健康な歯に固定します。
1本だけ歯が欠損している場合から、最大15本欠損している場合に用いられるのが部分入れ歯です。

部分入れ歯(義歯)

入れ歯の土台にはレジン製の「床(しょう)」という覆いがついており、入れ歯(義歯)から出ている金属のバネ(クラスプ)を隣接した健全な歯(これを拘歯 = こうし、といいます)に引っ掛けて固定するという仕組みになっています。

いつでも取り外しができますし、費用面での経済性も無視できないでしょう。
これに対し短所としては、入れ歯を取り外しするたびに、クラスプをかけた拘歯のエナメル質がはがれてしまい、虫歯になりやすくなる点が挙げられます。
また、入れたり外したりを繰り返すうちに、拘歯がぐらつき始め、やがて健康であった歯が抜けてしまう恐れがあります。
口を開けたときにクラスプが目立つという、外見上のデメリットも短所といえるでしょう。

▼ 部分入れ歯(義歯)をインプラントに変えると ▼
部分入れ歯(義歯)をインプラントへ

●インプラントは時間の経過とともに顎の骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
●他の健康な歯をそのまま保てる
●天然の歯と変わらない感覚・外観・機能が得られ、違和感がない

インプラントを埋め込み、その上に上部構造(人工歯冠)を固定します

総入れ歯(義歯)

入れ歯を歯肉(歯ぐき)全体にかぶせます
上顎(じょうがく)の歯の全部、下顎(かがく)の歯の全部、あるいは上下顎両方の歯が全部なくなった場合は総入れ歯が用いられます。
歯が全部ないために拘歯を利用した固定法をとることができません。

総入れ歯(義歯)

その最大の短所は、噛む力が極端に弱くなることです。
健全な歯と比べ咬合力が四分の一程度まで落ち込み、固いものを自由に食べることは困難です。
また、その構造的な宿命として、安定感を得ることが難しく、口のなかの異物感は部分入れ歯の比ではありません。
上顎に総入れ歯をすると、刺激に敏感な人は吐き気を感じてしまいます。
また噛み合わせによっては痛みに悩まされる人もいます。
発音がしづらく言葉が不明瞭にもなってしまいます。
一番問題となるのは、入れ歯の圧迫感により、自分の歯槽骨(顎の骨)がどんどん吸収され、いずれ合わなくなりつくり替えをしなければならない、という不経済さがあります。
特に、総入れ歯の場合は、数年おきに調整をする手間があり、適合が悪くなると新しい総入れ歯につくり替えをする必要があります。

▼ 総入れ歯(義歯)をインプラントに変えると ▼
総入れ歯(義歯)をインプラントへ

●顎の骨に固定されるため、ぐらつかない
●天然の歯と変わらない感覚で物を噛み、味わうことができる
●食べ物が挟まることがほとんどない
●天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない

複数のインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を固定します

ブリッジとインプラント

両隣の健康な歯を削って人口の歯をかぶせます
隣接する歯を1、2本失った場合に、両隣の残っている健全な歯を削って土台を作り、そこに橋渡しをするように連結した人工歯冠をすっぽりかぶせて欠損部分を補う場合に用いられるのがブリッジです。

ブリッジ

基本的に健康保険が適用されるため経済的で、スピーディーに機能回復ができますが、やはり最大の欠点は、人工歯冠を接着するために、支えになる両隣の健全な歯を削らなければならないという点です。
削られた歯のダメージは大きなものとなります。
健全な歯のエナメル質という硬い表面部分を削ると、象牙質がむき出しになってしまい、細菌が侵入しやすくなり虫歯になったり、根元や境目にプラークがたまりやすいので、歯周病を発症しやすくなります。
また、支えの歯がいったん虫歯になったりすると、ブリッジを取り外してからでないと治療ができません。

▼ ブリッジをインプラントに変えると ▼
ブリッジをインプラントへ

●健康な歯を利用しないため、両隣の自分の歯を保てる
●歯茎に噛む力がかかるので歯茎を健康に保てる

人工の歯を両脇のインプラントで支えることもできます

インプラントのメリットとデメリット

メリット

1. 自分の歯のように噛める

入れ歯のときは避けていた堅いもの粘着性のものなど何でもしっかり咬め、おいしく食事をする事が出来ます。 何でもしっかり咬めるという事に関してはどんなに精密に作った入れ歯やブリッジよりも優れています。

2. 取り外しの必要がない

入れ歯の場合バネを歯にかける必要があり、話すときに他人にすぐに入れ歯と気づかれてしまい恥ずかしい思いをすることもあると思います。 しかし、インプラントの場合、入れた歯が外れる心配もありませんし、歯がみえる事を気にする必要もなく思いっきり楽しむ事が出来ます。

3. 残っている歯へのダメージが少ない

歯は削る事で寿命がどんどん短くなるという事が言われています。歯のないところに歯を 作るために削られた歯は、寿命が短くなっているのです。 例えば1本の歯を補うためにブリッジを入れたとします。15年後には3本とも抜く事になる可能性が高いという事です。 基本的にインプラントの場合失われた歯を補うために隣の歯を削ったり、過剰な負担をかける事はありません。その他の治療法とは逆に残った歯を守る事が可能だと言われています。

4. 顎の骨が痩せない

顎の骨は歯を支えるために存在します。 当然歯がなくなると顎の骨はやせていきます。インプラントを骨に入れ機能させる事で骨がなくなるのを抑える事が出来るといわれています。

デメリット

1. 治療費が高い

インプラント治療の1本あたりの相場は30〜50万円と言われています。
もしあなたが60歳で75歳まで生きるとすると、命がつきるまでにあと3回×365日×15年=16425回食事をする事になります。つまり1本あたり35万円のインプラントを入れ15年間使った場合、1回あたりの食事について約20円余分に払ったと考えてみてください。 1回あたり約20円の出費をあきらめ、毎回の不快な思いをして食事をするのか、1回あたり約20円余分に払っておいしく食べ健康で長生きしたいのか選ぶのはあなた自身です。 きちんとメインテナンスを行えば第2の永久歯として半永久的に機能しますから一概に高いとは言い切れないでしょう。 また、確定申告時には「医療費控除」を受けることができます。

15年インプラントを使った時の出費は食事1回あたりで20円になります
20年インプラントを使った時の出費は食事1回あたりで15円になります

2. 手術が必要になる

インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むので手術が必要です。 ただ、麻酔をかけて行い、麻酔の効きを確認してかた手術を行うので、手術中はほとんど痛みを感じることがありません。 また、手術後も痛み止めを服用すると対応ができる場合がほとんどです。 麻酔が効きにくい時は歯ぐきが腫れて膿がたまっているなど急性の症状が出ている時なので、インプラントは歯ぐきの状態が落ち着いている時に手術するので麻酔が効きにくいことも少ないです。

3. 比較的治療期間が長い

インプラントはあごの骨にインプラントを埋め込んでから定着するまでに2〜6ヶ月程度期間を置きます。 その後骨にしっかり定着したのを確認して土台にして、被せ物の型取りをします。 その期間中は様子を確認するために数回通院することはありますが、毎週通うことはありません。 ただ、入れ歯やブリッジに比べると治療が終わるまでに一定期間治療期間がかかります。

4. インプラントが適応にならないこともある

インプラントはあごの骨にインプラントを埋め込むので極端に骨が少ない方は治療が難しいことがあります。 骨が少ない方は骨を増やす手術や再生治療を行ってからインプラント治療に移行ができる場合もあるので、お口の状態を確認して治療方法を選択します。 また、インプラントは全身疾患とも関係があり、糖尿病で血糖がコントロールできていない場合や心筋梗塞になったばかりの方はインプラント治療が難しいことも出てきます。 ただ、全身疾患がしっかりとコントロールされている場合には、主治医の先生と連携を取りながら、全身の状態を確認してインプラント治療を行うことができる場合も多いです。 全身疾患が悪化していると、免疫力が低下することも多く、傷の治りも悪いので、インプラント手術を受けるためにはしっかりと体調を整えましょう。

インプラントのながれ

1. 無料相談
無料相談
2. 精密診断資料採り
精密診断資料採り
3. 診断結果コンサルテーション・治療計画の立案
診断結果コンサルテーション・治療計画の立案
4. 一次オペ
一次オペ
5. 消毒
消毒
6. 二次オペ
二次オペ
7. 被せの型取り
被せの型取り
8. 被せSET
被せSET

その他

費用

350,000〜400,000円/1本

インプラント治療にかかる費用全てを含みます。

「 虫歯・歯周病・クリーニング 」など、インプラント治療以外は費用がかかります。(健康保険も使えます)

治療期間

4ヶ月〜1年

治療期間は、骨の状態で大きく変動します。

お問い合せ・ご予約

© 2017 CREA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.

ページトップへ戻る